大阪や神戸、京都を拠点として活動する関西の交流会 キックオフ関西の公式サイトです。17年間で延べ20,000名以上の参加者を集め、17年間の交流会開催数1000回以上を超え、大阪に拠点を構えて活動する交流会です。参加者のマナーの良さと初参加者へのウエルカムの姿勢では負けない自信があります。大阪では心斎橋や梅田で講演会+交流会、セミナー+交流会、ランチ交流会、女性交流会、初心者向け交流会、京都や神戸にてランチ交流会を開催しています。

★参加者だけ集め、ひたすら名刺交換だけ行う異業種交流会スタイルの交流会からは撤退しており、現在は行っておりません。★

まずはコミュニケーションを

キックオフ関西は2003年から交流会を開催してきました。
ですから交流会を企画するノウハウだけでなく
いろいろな参加者を見ての特徴もインプットしています。

そんなデータやノウハウを少しずつこのブログで
アウトプットしていきたいと思います。

まず最初に書きたい事。それは・・・

「交流会は人と繋がる事に徹すべし」



当り前の事なのですが、その当り前ができない人が多いです。
経営者や営業マンの皆さんが交流会に足を運んだ時に
「仕事が見つかる」
「売上に繋がる」
と言う気持ちになる人が多いと思いますが
でもそれは気持ちがはやりすぎです。

もし皆さんが全く初対面の人から知識もない状態でいきなり
「私の商品を買って下さい」
と言われて、お金を出しますか?

ほとんどの人はお金を出さないでしょう?
不安や違和感を感じる気持ちが先行すると思います。

自分が相手からそう感じた時に、
自分が相手へファーストコンタクトを取る時に
いきなり本丸に突っ込むお話ができると思いますか?


できないでしょう???
もっとわかりやすく言えば・・・

「婚活パーティーで初対面の異性にいきなり
 「結婚して下さい」と言って相手から良い返事が得られると思いますか?」


交流会もそれと同じです。

まずは「相手と繋がる事に徹する」事が大事です。
早い話が「交流会で左右するのは参加者とのコミュニケーション」
特に「交流会後のコミュニケーション」が非常に大事です。

リアルで出会った時は、良い雰囲気になるのですが
問題は交流会後にSNSやメールで出会った時の雰囲気のモチベーションを
維持できるかがカギを握るのです。

それができるようになれば、交流会で数多くの繋がりを得る事ができます。

つまり交流会では「コミュニケーション力」が大事である事なのです。

女性限定の交流会を見ていると
女性同士が交流会で繋がって、その後に結果を出す人が多いですが
逆に男性はそういう繋がりが少ないように感じます。
交流会は男性の参加者が圧倒的に多いです。
男性の皆さんの行動1つが交流会での効果を発揮し
その結果が必ず自分の仕事に繋がるのです。

交流会は交流会中よりも交流会後が大事です。
そのためにコミュニケーション力は重要なのです。


2021年は交流会で素敵な出会いからビジネスに繋げて頂きたいものです。


キックオフ関西のLINE公式アカウントはこちらをクリック!⇒友だち追加