大阪や神戸、京都を拠点として活動する関西の異業種交流会 キックオフ関西の公式サイトです。15年間で延べ18,000名の参加者を集め、15年間の交流会開催数約1000回近くを数え、大阪に拠点を構えて活動する異業種交流会です。参加者のマナーと前向きさと初参加者へのウエルカムでは負けない自信があります。大阪では心斎橋や梅田でセミナー+交流会、カフェ交流会、女性交流会、初心者向け交流会、京都や神戸にて交流会を開催しています。

当日ギリギリまで参加申込ができるのは何故?



1/16に開催しました「京都交流会」でのお話です。

交流会開始5分前にLINE@からのメッセージで
「当日のセミナーに参加させて頂けないでしょうか?」
とメッセージが届きました。私は速攻で「OK」の返事をしたら
10分後にバイクで会場まで駆けつけて頂き、無事参加できました。

ご承知の方も多いと思いますが
キックオフ関西は満席にならない限り、開催当日のギリギリまで
参加申込を受付けています。最近、参加者からもよく質問を受けますが
どうして開始時間ぎりぎりまで受付できるのでしょうか?

まず参加申込。
メールフォーマットのアドレス設定で、
スマホのアドレスにも送られるように設定していますので
開始時間ぎりぎりに申込が届いてもスマートフォンのアドレスに
届き確認ができますので、会場に到着したら「はいお申込届いています」と
お伝えできるようになっているのです。

Facebookはもちろん、スマホでもイベント経由での参加申込も確認できますし
メッセージでもスマホで見る事ができます。

レジメも場合によっては増刷が必要になりますが
これについても、会場内にコピー機があるし
また近くに5円のコピー屋もあるので増刷も対応可能。

懇親会については
コース料理じゃなく、メニューに掲載している一品料理と飲み物で
注文するので、当日申込でも対応可能。

このように、当日の仕事の状況を見て
参加の可否を決める人も多いので、当会もそれに合わせて
当日参加申込する人のために、できる限りの対応をしている訳です。

今やスマホの時代です。
スマホさえあれば、主催者側は参加申込の受付やwebの修正
またコンビニのコピー機に依頼して、プリントアウトする事も可能ですので
スマートフォンがあれば何でもできる訳です。

参加する側は申込はもちろん、お振込もスマホでできるので。

スマートフォンはそういう意味で有難い存在です。

キックオフ関西のLINE@はこちらをクリック!⇒友だち追加

▼キックオフ関西のメルマガはこちらから登録できます▼

アドレス: